2016年5月27日 レビュー6本

【リアルディーバ】天然爆乳おっぱい!サービス精神旺盛ギャルのライブオナニー♪

real-diva14956

性表現(フェチ要素)の見どころ

  • 明確な性表現はなし

補足説明

ライブチャットです。前に書いたレビューと同じことしか触れることが出来ないのですが、見る側は文字チャット、パフォーマーは言葉で意思疎通するため、ご自身の自己解釈で楽しめます。

あと、当然のように男の存在がゼロですから、女体に集中しやすく、さらに、客商売としてパフォーマンスするため、カメラに向かって己の肉体をアピールしてくれる。

肝心の見どころですけど、の画像どおりです。

顔の好みは別に、カラダがエロすぎなんですね。

ただ、この映像は、国内から発信されるライブ映像になるらしく、オマンコをアピールすることはありません。(放送事故的に映る)

よって、DXライブみたいな、モロマンクパァみたいな映像を求める人には合わない。その代わり、おっぱいが爆裂にエロいわけですけど。

【Hey動画】七海 - 七海 拷問の中でも一番つらい水責め、さらには小便をかけられ連続イラマで拷問されまくる

heydouga4149045

性表現(フェチ要素)の見どころ

  • ギャグボール装着のまま首絞め
  • 着てる服をはさみで切り刻んで全裸に剥く
  • ギャグボール装着のまま窒息水責め
    • 前かがみの状態でサラダボールに執拗に顔を押し付ける
    • 仰向けの体勢で大きなゴミ箱に顔を押しこむ
  • 手首吊りのまま電マ責め
  • 仰向けWイラマチオ+チンポビンタ+手マンの複合責め
  • ゲロイラマチオ
  • イラマチオしながら顔やマンコにホースで放水
  • 仰向けの状態で鼻と口にオシッコを掛ける
  • 透明アクリルマスクを装着し、額に空いた穴からオシッコを注ぎ入れて窒息させる
  • サラダボールに溜めた小便に顔を押し込んで窒息させ、最後に女優の頭にかける

補足説明

鉄格子の犬小屋に閉じ込めた、ギャグボールと拘束具で監禁してる女の子に調教プレイする内容。

に箇条書きした性描写に食指が動く時点で、間違いなく興奮できると思います。あと、窒息水責めを長時間敢行するため、時間経過に比例してフィクションぽさが希薄になっていくのもポイント。

若干、アングルが女優に接近しすぎてる影響で、場の臨場感が映えにくい欠点はあるんですけど、そのマイナス要素を差し引いても、十分調教色を感じることは可能。

特に、大きなゴミ箱に溜めた水に仰向けにして顔を押し込む映像は迫力あり。本気で窒息するし、仰向けだけに鼻に水が入って痛いらしく、出水の度、『止めて!』と体をバタつかせて本気で嫌がりますから。

ほぼ、状況要素のエロスに集約されてるとはいえ、ハードコアを一貫する恩恵で、否応なしに興奮度が高まる動画。

【カリビアンコムプレミアム】メルシーボークー 11 失神するぐらいのぶっ続け中出し性交

caribbeancompr040816_538

性表現(フェチ要素)の見どころ

  • 前編
    • なし
  • 後編
    • うんち座り騎乗位の尻
    • 中出し直前の長尺高速ピストン正常位(見やすい)
    • フェラ抜き(アングルの動きがなく、単純に見やすい)

補足説明

星月れおの名前でMUTEKIデビューした娘。私は、そのデビュー作を見たんですけど、実にエロかったですね。未だに覚えてます。

本作は、冒頭から無音ガチンコセックスになっており、再生直後から無言でアグレッシブな性交芝居を繰り広げる。よって、女優のセックステクや喘ぎに感情移入できないかぎり、見所の模索が難しい。

ということで、とりあえず流し見したんですが、正直な話、何も撮れてない印象しか抱けない。

なんか、見てるこっちが失神するぐらい面白味ないですよ、これ。

演者が全開走行でセックスしてんのは、十分理解できても、それ以上の情報が出力されないには、レビューは書けませんね。

せいぜい書けたとしても、四つん這いや前かがみのケツが抜群にエロいのと、的外れなアングルながらに女優の悶絶芝居がエロいんだろうなぁってぐらい。

結局のところ、いくら官能的で激しいセックス演ったって、映らなきゃエロくはならない。

その代わり、後編の自宅突撃の三文芝居はシュールでクスッとできますけど。ですが、結局は映像特性は変わらないので、これ以上、書くことないです。

【カリビアンコム】俺達の肉便器が出来上がったので見てください

caribbeancom042316-143

性表現(フェチ要素)の見どころ

  • まな板+干しぶどう乳首にローター固定責め(状況要素)
  • 美人にイラマチオを教えるように演る(状況要素)
  • 長尺側位で見晴らせる肋骨が浮く干物ボディ
  • か弱い娘が、男の四つん這い尻を舐める(状況要素)

補足説明

再生直後から、ギャグボール+手首拘束のバイブ責めが始まり、さらに、終わりまで淡々とした流れで展開が動くため、おそらく、状況に感情移入するのは無理だと思います。

よって、冒頭から、フェチ要素のエロスをザッピングしたほうが楽。

流し見した印象だと、ガリ貧乳ボディのフェチズムが全面的に押し出される格好になるようので、鎖骨、肋骨、肩甲骨の3部位にチンポを擦りつけたい性癖がある人であれば、仰向け体勢、前かがみ騎乗位、バック、この3つシーンを見どころにすると抜きやすいと思います。

あとは、せいぜい書けたとしても、華奢ボディな美人とプチ調教プレイに興じれる事実に興奮できるか?

ソフトコアに、調教プレイをリンクさせるのは難しいですね。

温すぎてアクビでます。女優は可愛いけど。

【トリプルエックス】期間限定 再配信 さくら美癒 フルHD 人気着エロアイドルが勝手に交わされた契約書によりAVデビューしちゃった?!

xxx-av22232

性表現(フェチ要素)の見どころ

  • 堀の深いロリ美マンの接写

補足説明

単刀直入に書くと、ロリ美乳とロリマンで抜く動画です。理由は、その2つがエロいから。まぁ、それ以外はエロくないってことですけど。

単純に、意味わかんないんですよ。契約書のくだりも無ければ、再生開始直後からおもちゃ責め始まるし。だから状況に感情移入できないし、女優がどれだけ官能的に喘いでたとしても、面白いぐらいエロく映らない。

あと、再生時間の3/4が、M字開脚+固定カメラで、バイブ責めとクンニ撮ってるだけなので、結局のところ、映ってるロリ美乳とロリ美マンしか、見どころがないとなってしまうわけです。

【しろハメ】素人みさと 素人みく 素人あゆむ - 【ヤッバっ!やたらヤリたくなるこのお尻】これは抜ける!極上ビキニ娘と行くバコバコ中出し乱交ツアー・GW2016@沖縄

heydouga4017212

性表現(フェチ要素)の見どころ

  • シーン1(ビジネスホテルのセックス)
    • 沖縄出発の前日にホテルに泊まることになり、なぜかセックスするハメに(状況要素)
    • 四つん這いで肥大したクリ剥きとマンコの接写
    • 素人女子の後頭部を抑えてソフトイラマチオ
    • 正常位、後背位の喘ぎ顔(長尺出力)
    • 半中半外(射精配分は適正です)
  • シーン2(飛行機搭乗到着食事プチ敢行ホテル到着水着着替えプール入水)
    • 実質、ロケーションがどのような場所なのか、視聴側に伝えるためのシーンです。よって、アダルトビデオとしての見どころはごく僅かに限られると思ったほうが良いでしょう。
    • プールでポロリ騎馬戦(状況要素)
  • シーン3(露天ジャグジー風呂)
    • 露天ジャグジー風呂で、男4:女3の7P(状況要素)
    • 3名並列で後背位、バック(状況要素)
    • M字で持ち上げてマンコを接写
    • 直立スマタした状態で、別の女の子がフェラチオ(状況要素)
    • ノギスを使って、乳首と勃起クリトリスの直径を計測(状況要素)
  • シーン4
    • 併設サンルームにて3Pローションプレイ
      • ローションの扱いが風俗嬢丸出し(状況要素)
      • 主観アングルの乳首リップと手コキ&フェラ(状況要素)
      • 主観アングルのスマタでクネクネグラインド
      • 主観アングルで演る出演者主導の騎乗位グラインドと痰壺キス
    • 暗いホテル室内でのアナル拡張+3P
      • 室内の暗さが致命的ゆえ、明確な性表現はなし
  • シーン5(ビーチ)
    • 水平線と山を一望できる快晴ビーチで7P(状況要素)
    • 並列に寝かせ、太いゴーヤをマンコに挿入(状況要素)
    • 並列で四つん這いにさせ、太いゴーヤをマンコに挿入(状況要素)
    • 並列M字開脚でゴーヤオナニーさせる(状況要素)
    • 並列騎乗位やバック(状況要素)
    • 三名同時にバックで突きながら、トリプルフェラをさせる複合技(状況要素)
    • 海でしゃがんで中出しマンコを洗う
  • シーン6(ビーチで3P)
    • 見晴らしの良いビーチで演るアナル3P(状況要素)
    • ダブルフェラのまま、2本のチンポを口に押し込んでホールド(状況要素)
    • 浜辺に突き立てたゴーヤで騎乗位オナニー(状況要素)

補足説明

室内撮影に関しては、原則的にライティングの光量不足や逆光撮影の影響で、映像の黒つぶれが顕著なため、見どころの大半が状況要素のエロスに集約されます。

ただ、黒つぶれの影響で、女体の立体造形が映像を通して伝わりやすい、いわゆるグラビア調の映像が増えるため、撮影技術は素人なのに、なぜか、フェチズムだけは感じれる不可思議な感覚を味わえる。

まぁ、だけど、結局は、アダルトビデオとして表現すべき、一瞬のエロス(性表現の見どころ)が乏しい現実に変わりがない以上、素人レベルの撮影技術に目をつぶれない限りは、おそらく、楽しめないと思います。

本作は、素人女子を沖縄に招待し、風光明媚なリゾートホテルで乱交に興じる事実に、どこまで感情移入できるかがキーです。同時に、感情移入できない限りは、見所の模索は困難だと思われます。

少しカッコよく書くと、ファンタジー脚色と素人のリアルな痴態の融合に、どこまで価値を見いだせるか?

ってとこでしょうか。

ここで、本作の弱点をチョロっと。

それは、個々性表現の再現時間が短く、さらに、色々な性表現を雑多に組み込んでしまうため、単純にセンズリタイミングが図りづらい。

気持ちは分かるんです。視聴者に色々なエロを見せたいの。

だけど、全ての表現が中途半端な状態で切り替わり続けるせいで、結局は、何一つ、マトモに表現できてなかったりするんですね。

だから、本レビューについては、状況要素のエロスに、どこまで感情移入できるかがキーとしか書けないわけです。